24hインターネット予約
初診・再診のインターネット予約はこちらから
  • 初診の流れ
はじめての診察の手順は?
  • 症状別治療ガイド
各症状の基本的な
治療方法は?
  • 自費治療について
保険適用外の
治療代金はいくら?
  • キッズクラブ
お子様のむし歯
予防対策が学べます!
  • オゾン水ってなに?
安心安全、
むし歯歯周病ストップ!
  • CTで精密な診断
従来のレントゲンより
詳しく見える!
  • 顕微鏡をみてみよう
お口の中の状態を
チェックしよう!
スマイルニュース

歯牙移植

 

歯を失ってしまったときの治療法 歯牙移植

移植1
下の親知らずを上の割れてしまった7番目に移植
移植5 移植2
移植直後

歯牙移植

虫歯が大きくなって歯の根まで虫歯になってしまったり、歯が割れてしまったなどの

歯の保存が不可能な場合の治療法です。

機能していない親知らずや埋伏歯を抜歯してしまった部位に移動する方法です。

 

移植なんてできるのと思うかもしれませんが条件を満たせばできます。

歯と一緒に歯根膜という靭帯組織を移植するため、インプラントや義歯よりも噛み心地がいいです。

 

 

歯の移植の条件

 

機能していない親知らずや過剰歯があること

 

機能していない歯の形が単純であること

 

その他の歯が歯周病ではないこと

 

年齢的に40歳ぐらいまでが適応(成功率が下がってしまうため)

 

歯の移植のQ&A

 

健康保険は使えるのか?

ダメな歯は抜歯と同日でしたら健康保険の範囲内です。

抜歯と同日に移植の方が成功率も高いです。

 

移植手術は痛みがあるのか?

 

麻酔をしますので術中の痛みはないです。

麻酔が切れたあとは抜歯と同等の痛みが伴います。

 

期間はどのくらいかかるのか?

 

約三ヶ月くらいです。

 

何才まで移植ができるのか?

 

40才ぐらいまでが成功率が高いです。

 

 

治療方法

  1.  ①お口の清掃
  2.  ②割れてしまったり、重度の虫歯を抜きます。
  3.  ③移植し(親知らずや過剰歯)を抜き、移植します。
  4.  ④縫合します、場合によっては矯正用のワイヤーで固定します。
  5.  ⑤1週間後、糸抜き、消毒
  6.  ⑥移植した歯の根管治療を行います。
  7.  ⑦2~3ヶ月後被せものをします。
  8.  ⑧定期検診