24hインターネット予約
初診・再診のインターネット予約はこちらから
  • 初診の流れ
はじめての診察の手順は?
  • 症状別治療ガイド
各症状の基本的な
治療方法は?
  • 自費治療について
保険適用外の
治療代金はいくら?
  • キッズクラブ
お子様のむし歯
予防対策が学べます!
  • オゾン水ってなに?
安心安全、
むし歯歯周病ストップ!
  • CTで精密な診断
従来のレントゲンより
詳しく見える!
  • 顕微鏡をみてみよう
お口の中の状態を
チェックしよう!
スマイルニュース

冷たいものでキーンとしみる

冷たい飲み物、酸味のあるものを食べた時「キーン」としみる、歯を磨いたとき毛先が触れると痛むことがある方は知覚過敏症の可能性があります。

 

歯の頭の部分は非常に硬いエナメル質という非常に硬いものでおおわれています。しかし中は象牙質というやわらかい神経とつながっている組織です。

歯肉が下がったり、エナメル質が傷ついて象牙質が露出してしまうと様々な刺激が伝わり、神経にしみてしまうのです。

知覚過敏

 

特徴的なのが一過性のものであるということです。

 

つまり冷たいものを飲んだ時だけ、歯を磨いた時だけしみます。むし歯や歯髄炎のようにズキズキずっと痛いということはありません。

 

知覚過敏の最大の特徴は持続しないということ! 🙂 

原因

①露出した歯の根にプラークがついている

プラークの中の細菌が出す刺激物質でしみる。

②間違ったブラッシング

歯ブラシで力任せにゴシゴシ強く磨いてしまった結果、エナメル質が傷つき削れてしみてしまう。

③研磨剤入りの歯磨き粉

歯磨き粉には研磨剤の入った歯磨き粉があります。長期間研磨時の入った歯磨き粉を使用しているとエナメル質も傷ついてしみてしまいます。

④歯ぎしり、食いしばりが強い

歯ぎしり、食いしばりをすると歯の際に応力がかかってしまい、くさび状に歯肉の際のエナメル質がとれてしまうのです。取れてしまったところは象牙質が露出するため、しみてしまうのです。知覚過敏の原因で最も多いのが歯ぎしり、くいしばりです。

⑤酸(酸蝕歯)

エナメル質は人体の中で最もかたい組織ですが、酸には弱いという性質があります。  酸によってエナメル質を溶かして象牙質が露出してしまいます。

治療順序

知覚過敏の治療は診断が難しく侵襲の少ないことから始めるというのが一般的です。

 

正しいブラッシング

知覚過敏用歯磨き(硝酸カルシウム含有)

知覚過敏用コーティング材塗布

レーザー治療

レジン充填(プラスチック治療)

抜髄(神経を抜く)

このような侵襲が少ない順番で進めていきます。

これに加えてナイトガード(マウスピース)です。

 

治療方法

知覚過敏用歯磨き粉について

テレビのCMでも流れているためご存知の方もいらっしゃると思いますが、知覚過敏用歯磨きというものがあります。

有名なのが「シュミテクト」ですね。

知覚過敏用歯磨き粉には硝酸カリウム(カリウムイオン)という薬用成分が含まれており、

しみる原因となる象牙細管をカバーして刺激が伝わらないようにしてくれます。

0B6A2876

 

知覚過敏の症状が軽い場合このような歯磨き粉4週間ほどを使用するだけで、症状は改善されます。

症状が全く改善されないときは虫歯の可能性もあるため歯科医師に見てもらいましょう。

 

知覚過敏用コーティング剤、レジン充填について

知覚過敏の場合歯科医院でまず行われるのがこのコーティング剤の塗布です。

 

エナメル質が削れ象牙質が露出し、象牙質に刺激が加わることで「歯がしみる」という症状へつながるため、露出してしまった象牙質をコーティング剤で遮断してしまうわけです。

 

コーティング剤にはカルシウムが入ったものやプラスチックで覆うものがあります。

0B6A2886

 

このようなコーティング剤の塗布は通常1回ではなく、数回塗布していきます。

数ヶ月でコーティングは剥がれてしまいますが、唾液に含まれるカルシウムやリンが傷ついた歯にくっつき補修してくれるため剥がれてもしみなくなるわけです。

 

レーザー治療

露出してしまった象牙質にレーザーを当てることによって象牙細管を封鎖し、しみる症状を軽減してくれます。

0B6A0730

 

マウスピース(ナイトガード)

知覚過敏の原因の最も大きな原因の一つが歯ぎしりです。

歯ぎしりが原因で知覚過敏になっている場合、歯ぎしり、食いしばりを治さずに知覚過敏は治りません。

歯ぎしりくいしばり(TCH)のページへ

 

歯ぎしり、くいしばりはストレス社会で生きる現代人にはつきもので、まずは意識から変えていきます。

CIMG4060

 

 

歯ぎしりを治すことはできなくてもマウスピースをすることでエナメル質、歯周組織を破壊するのを防げます。

 

神経を抜く

 

しみるという症状がでるのは、神経があるためです。

なので神経を抜いてしまえば歯はまったくしみなくなります。

しかし、神経を抜いてしまうと血管が一緒に通っているため歯がもろくなり、折れたりしやすくなってしまいます。

神経を抜くのは最終手段と考えております。神経の治療ぺージへ