24hインターネット予約
初診・再診のインターネット予約はこちらから
  • 初診の流れ
はじめての診察の手順は?
  • 症状別治療ガイド
各症状の基本的な
治療方法は?
  • 自費治療について
保険適用外の
治療代金はいくら?
  • キッズクラブ
お子様のむし歯
予防対策が学べます!
  • オゾン水ってなに?
安心安全、
むし歯歯周病ストップ!
  • CTで精密な診断
従来のレントゲンより
詳しく見える!
  • 顕微鏡をみてみよう
お口の中の状態を
チェックしよう!
スマイルニュース

歯がぐらぐらする

 

歯周病の怖さ

一般的にはあまり知られていませんが、歯がダメになり抜歯の原因の第一位は虫歯ではなく歯周病です。

歯を失う原因ランキング 1位 歯周病 2位 う蝕(虫歯) 3位 破折(折れてしまう)

成人のうち約8割が患者または予備軍とされる病気です。 歯周病は初期では症状が乏しいため、「沈黙の病気」と言われています。 歯周病は食事や喫煙などの生活習慣や全身の病気とのかかわりが強いことがわかっています。つまり全身と強い関わりを持つ病気なのです。 歯周病は長期間かけて無痛のまま進行していきますので、20代からの予防が必要です。

予防には 毎日ご自身で行うプラークコントロール(歯磨き)     4か月に一度のプロによるプロフェッショナルクリーニングが重要です。

(左)プロフェッショナルケア(右)ご自宅でのプラークコントロール

歯周病の原因

歯周病は、歯垢(プラーク)や歯石に存在する歯周病菌によって歯肉を腫らせ骨を溶かしてしまう病気です。これは感染症でもあるため他人に感染します。ご家族全員で治療していくことが必要です。

歯周病の症状 ■ 歯肉から出血がある ■ 歯肉が腫れている ■ 歯がぐらぐらする ■ 歯が長くなってきた ■ 歯がぐらぐらする口臭がきつい などがあげられます。このような症状がある場合は歯周病の可能性が大きいため早めに来院しましょう。

 

歯周病治療

歯周病がどの程度進行してしまっているのかまず検査を行います。検査としては次のものがあります。 ①歯周ポケット検査 ②レントゲン検査 ③顕微鏡検査 ④歯の動揺度検査

①歯周ポケット検査 歯と歯茎の溝の深さを調べ、歯周病の進行度を測ります。 プローブというものさしのついた器具を歯と歯茎の溝に差し込んで深さを測ります。 骨の裏打ちがなかったり、歯茎が腫れていると深くなり歯周病が進んでいるといえます。 プローブでポケットを測っている際、出血するところは炎症があるサインなので注意が必要です。

 

②レントゲン検査 歯が植わっている骨の状態をレントゲンで撮影します。 歯周病の怖い点は進行すると歯槽骨(歯を支えている骨)の吸収を起こすことです。

 

③顕微鏡検査 詳細は歯周内科のページへ

 

④歯の動揺度検査 歯をピンセットでつまみぐらつき具合を調べます。 左右だけでなく上下に動くようであれば重症となります。

 

歯周治療

歯周病の原因は歯にこびりついた歯垢(バイオフィルム)や歯石が骨を溶かす歯周病菌の住み家となるためです。歯垢や歯石を住み家として歯肉に炎症を起こさせ、骨を溶かしていきます。こうして歯がグラついてくるのです。ですから定期的な歯石除去が必要になってくるわけです。では実際にどのように歯石をとるのかご説明します。

歯石除去 歯周病の原因となる歯石の取り方についてご説明します。 超音波スケーラーという器具で振動させながら歯石を粉砕していきます。 スプラソンという痛みが出にくい超音波を使っていますので歯石除去時の痛みは最小限となりますのでご安心ください。 歯石を落とした後出血したりすることがありますがこれは歯石により歯肉が炎症してしまっているためです。歯肉の上についている歯石を除去して正しいブラッシングをしていただくと歯肉の炎症は収まり、腫れや出血が少なくなってきます。 歯石を落とした後に歯が長くなったと感じる方もいますが、歯肉の腫れが取れて歯肉が引き締まったことによります。歯肉の下に歯石がついている方はもう一度歯肉の検査を行い評価後、必要があれば歯肉の下のほうについている、歯石(縁下歯石)を麻酔して除去していきます。