24hインターネット予約
初診・再診のインターネット予約はこちらから
  • 初診の流れ
はじめての診察の手順は?
  • 症状別治療ガイド
各症状の基本的な
治療方法は?
  • 自費治療について
保険適用外の
治療代金はいくら?
  • キッズクラブ
お子様のむし歯
予防対策が学べます!
  • オゾン水ってなに?
安心安全、
むし歯歯周病ストップ!
  • CTで精密な診断
従来のレントゲンより
詳しく見える!
  • 顕微鏡をみてみよう
お口の中の状態を
チェックしよう!
スマイルニュース

妊娠中の歯科治療

 

妊娠中の歯科治療について

当院には妊婦さんの患者さんが多く来院されます。

・妊娠初期1か月~4か月:この時期は、器官形成期といい、赤ちゃんの体がつくられている時期です。
 また切迫流産も起こりやすい時期ですので応急処置にとどめた方が安心です。

・妊娠中期5か月~8か月:この時期は、ほとんどの歯科治療が可能になります。

・妊娠後期9か月から臨月:この時期は、治療は応急処置のみとなります。

つまり、妊娠中期の安定期のみ、歯科治療が可能となります。


 

妊娠と歯科治療について

X線撮影、麻酔、薬は妊婦さんにとって特に気になるところだと思います。

X線撮影

X線については診断上必要でしたら撮影しても問題ありません。防護エプロンをしますし、
歯科のX線撮影は首から上の部分だけですので大丈夫です。
ただし本当に必要な時のみの使用になります。
当院ではX線を使用しないダイアグノカムを使用することがほとんどです。

麻酔

通常の使用量であれば赤ちゃんへの影響は少ないです。
痛みに耐えて血圧が上がったりする方が心配です。

投薬はできるだけ避けます。どうしても必要な場合、比較的安全な薬を必要最小限処方します。

 

歯周病と出産について

妊娠中は、ホルモンバランスの変化やつわりにより歯磨きが十分できなくなり、口腔内が不衛生になりがちです。歯周病は早産や低体重児を出産するリスクが高まります。妊娠前に歯周病ケアをしっかりして出産に備えましょう。

つわりで歯ブラシがお口の中に入れられないときは、食後のうがいだけでも効果があります。
出来るだけお口の中を清潔に保つように心がけましょう。

出産後の注意〜母子感染について〜

虫歯や歯周病は感染症です。つまり、「うつる病気」なのです。感染経路で最も多いとされるのが親から子の母子感染です。

様々な要因で感染していくのですが、一番多いとされているのが、ママが赤ちゃんに食事を与えるときに
噛んで柔らかくしたり、自分の使っている箸で食べさせたりといった行為です。
特に生後1歳半から2歳半の一年間が一番危険性が高いとされています。
この時期は「感染の窓」といわれもっとも注意が必要です。

感染を気にしすぎて親子のスキンシップがなくなることも避けたいですが、正しい知識を身につけ、
親の口腔衛生が子供の口腔衛生につながることを理解しましょう。